即日融資じゃなくてもいい人は銀行カードローン

銀行カードローンでは即日融資に対応しているところが少ないです。対応しているところもありますが、ローンカードが届くまでに日数がかかってしまうというデメリットがあります。

しかし、銀行カードローンは消費者金融のカードローンに比べて金利が低いというメリットがあります。最大金利が年14%くらいなので、最高金利が18%の消費者金融に比べると利用負担が軽減できます。

また、銀行は総量規制の対象外なので、専業主婦など自身に収入がない人でも申し込みすることができます。

消費者金融だと総量規制の対象になり、賃金行法で決められている年収の3分の1までしか借り入れできませんが、銀行はこの対象にならないのがメリットです。

銀行は銀行法という独自の法律があるので、年収の3分の1以上でも借り入れ可能です。絶対に即日融資してもらわないと困るという人以外は、時間はかかりますが、銀行カードローンに申し込んでみた方がいいでしょう。

金利を抑えることができますし、無収入の人でも申し込みできるからです。ただし、消費者金融に比べると審査が通りにくいというデメリットがあります。

総量規制の対象外という大きなメリットがある半面で、ちゃんとした人以外にはお金を貸さないというルールが徹底されています。

審査が不安な人は、最初から多額のお金を借り入れしようとせずに、少額融資から申し込んでみた方がいいでしょう。

300万円以下であれば収入証明書不要ということで、面倒な書類の準備も必要ありません。長く利用する予定であれば、金利は少しでも低い方がいいです。

すぐに借りてすぐに返すのであれば金利の低さはあります関係ないかもしれませんが、長く借りて返すまでに時間がかかりそうだという場合は銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

パソコンやスマホから簡単に申し込みできるところが増えているので、わざわざ店舗のある場所まで行って申し込み手続きするという手間も不要です。